焼津 やままさ 安心と、また食べたい味づくり

お問合せは054-626-1001 静岡県焼津市東小川2丁目4-14
商品のご案内
HOME会社概要NEWSお料理帖




人気商品

佃煮

炭火焼

山政自慢の炭火焼かつおたたき

炭火焼本舗あぶりトロ

だしまかせ

だししょうゆ

かつおぶし

鮪づけ丼

駿河湾の幸

山政の甘味処



本日、わけあり品ご紹介ページを更新いたしました。
えー、毎度毎度と言うか毎月のコトながら、わけあり品ご紹介ページを飽きもせずまたは懲りもせず更新し続けている山政でございますが、8月31日と9月1日が土日になっておりノーテンキな山政スタッフたちも世間様並にお休みをいただいてしまうため、本日、思い切って早めに更新をさせていただきました。

9月になってもまだまだ暑さは続くと思われますが、気分は秋に向かってまっしぐら!
やはり食欲の秋!
と言うコトで、秋にふさわしい美味しいモノを揃えましたので、皆様どうぞ一度はご覧になってみてください。

また、9月には「敬老の日」という一大プレゼントイベントがございますので、ぜひ山政の美味しいモノもプレゼント候補としてエントリしてくだされば幸いでございます。
ただ、大変畏れ多いのですが、炭火焼冷蔵かつおたたきにつきましては、山政の工場が9月15日にお休みをいただくので本州と四国には9月16日のお届けが出来ません。
(注:ただし北海道と九州の場合にはお届けに2日を要するため、14日に製造したたたきを16日にお届け出来るので大丈夫です。)

何しろ、炭火焼かつおたたきは山政の超人気品。敬老の日には、美味しい山政の炭火焼かつおたたきをぜひ食べて欲しい!と思われる方々が続出されると予想されます。
そのため、お届け日につきましては充分のご留意をお願いいたします。

お話は変わりまして・・・
先日も、弊ブログにてお話申し上げましたが、本年10月1日送品分より、送料の変更をさせていただくコトとなりました。
運送会社さんからの運賃値上げの通告を受け、山政内で上昇したコストをなんとか吸収出来ないか?いろいろ検討を重ねましたが、結果としてお客様にご負担をいただく形となってしまいました。
まことに申し訳ございませんが、何卒ご理解をいただきたくお願い申し上げます。

本日、オススメの一品は、敬老の日に贈って喜んでいただきたい、



コチラ → 炭火焼かつおたたき


山政スタッフ集合写真
先日のコトでございます。
山政が所属しております、「焼津鰹節水産加工業協同組合」から、組合70周年記念DVDを製作すると言う吉報&朗報が入りました。
DVDの内容は、組合員である法人または個人の水産加工屋の紹介がメインでございます。
組合員それぞれの特徴やアピールポイント等を短い文章でまとめ、かつ代表的な製品の画像などをDVD製作会社へ提供するコトになりました。

で、その画像の中で、現在の従業員の集合写真を撮影してくれて組合員紹介ページの一角に掲載してもらう・・・と言うコトにもなりました。
集合写真の撮影とその後の画像処理は、製作会社の方でやっていただくと言うコトで、まあ、タダでやってくださるのなら、コレに乗っからない法はない・・・と言うまことにさもしくも浅ましい山政スタッフの面々らしい考えで、撮影日時を決めて集合写真を撮っていただくコトとなった次第でございます。

しかしながら、実は山政スタッフたちの集合写真は、すでに1930年(昭和5年)にも撮影が成されております。
今から89年前の集合写真と言うのが ↓ でございますね。



昭和5年に天皇陛下が焼津に行幸され、鰹節の製造工程などをご覧いただいたのでございます。要するに
「天覧鰹節製造」
と言うコトになりますね。その際、山政の創業者の山口政吉が鰹節製造メンバーの一員として参加しておりまして、多分非常に緊張しつつ、天皇陛下の御前にて鰹節製造の実演に励んでいたのではないかと思われます。

まあ、そのような事情もありまして、この時に宮内庁(戦前は、宮内省だったのでしょうか?)に、山政から鰹節を献上いたしまして、その記念として撮影したのがこの画像だったのでございます。

当時は、写真の撮影技術も発展途上だったでしょうから、この写真も撮影するのがけっこう大変だったりしたのではないかと推察されますね。
しかし、現在からこの昔日の写真を見ると、やっぱり古さ・・・と言うか歴史・・・と言うか伝統・・・と言うか、そのような雰囲気をビンビンに感じますね。

そういうワケで本日オススメの一品は、コレも昔から製造している伝統ある製品の



コチラ → 焼津で生まれた鰹の佃煮 かつお三昧


焼津市内の工場直売店ガイドのご紹介(2回目)
皆様、おはようございます。
先週辺りから急に気温が下がって来て、特に朝夕は涼しさを感じるようになってまいりました。
ほんのちょっとした草地からコロコロと聞えてくるコオロギの鳴き声もまた秋にヒシヒシと近づきつつある感懐を与えてくれます。
と申し上げても昨今は10月上旬まではけっこう暑い日もありますからまだまだ油断は出来ませんが。

さて、秋と言う季節は何をやってもとっても気持ち良く出来る季節。自宅に引きこもってくらーいお部屋の中でひたすらゲームに没頭していても、外で思いっきりスポーツを楽しんでも、街中をブラブラ散策しても、とにかく快適で活動しやすくなる季節でございますね。

そこで、当然のコトながら、焼津に旅行に来られる方々もまた大層増えるのではないかと拝察申し上げます。
・・・などと弊ブログではなんだか年柄年中、焼津の観光ネタをお話している感も否めませんが、なにしろ日本列島中央部の太平洋岸にある焼津は、夏こそとっても暑いものの春秋冬の旅行先としては最適な場所。特に冬は輝く陽光とそれにキラキラと反射する碧い海と冠雪の富士山がクッキリと見えてまた格別なのでございます。

そういうワケで、先日というか多分もう何ヶ月か前に弊ブログにてご紹介いたしました、
 焼津直売店ガイド
と言う小冊子。
コレは、焼津市役所編集発行で、焼津に観光に来られる方々をターゲットにして作られたモノでございます。





焼津には言わずと知れた、鰹の水揚げでは日本でトップクラスの焼津港がございます。そのために焼津市内には山政をはじめとして、たーくさんの水産加工の会社がひしめいております。それぞれの会社の工場には直売所を併設しているところが多いのですが、焼津に観光におとずれる皆様には今ひとつ、直売店の存在を認知されてはおりません。
そのため、中小の水産加工会社の工場直売店の存在を、もっと幅広く知っていただこう!
と言うコトでこの冊子が作られた次第。

この冊子、焼津観光協会さんや焼津市内の飲食店などに置いてある・・・と思われますので、焼津に来られた際にはぜひぜひお手にとってご覧になってみてください。

意外な隠れた穴場が見つかるかもしれませんよ。

本日、オススメの一品は、山政工場直売店でしか販売していない当日焼きの逸品の



コチラ → 炭火焼かつおたたき


10月1日から送料を変更いたします。
えー、本日は山政ネット通販をこよなくご愛顧してくださるお客様方に、まことに以て心苦しいコトを申し上げねばなりませんが・・・・

来る10月1日から、お品物の送料を変更させていただくコトとなりました。
「変更」・・・と言う非常に曖昧かつやわらかな表現で書かせていただいておりますが、実際は単なる「値上げ」・・・なのでございます。
なぜ、送料の値上げをお願いしなければならないのか?
その理由は、運送会社さんから運賃値上げの通告を受けたからに他なりません。
「通告」・・・と言う、ややキツい印象のある言葉を用いてしまいましたが、やはり「通告」という表現がふさわしいのであろうかと言う感じで値上げの「宣告」を受けてしまったのでございます。

では、具体的に送料が如何ほど上昇するのか?
と言うコトは、今日の時点では大枠は大体固まりましたが、まだ具体的に皆様にご案内するまでには至っておりません。
おそらくは、9月初めまでにはお買い物サイトのTOPページや、ホームページのNEWSページにてご案内が出来ると思います。

しかしながら、運送会社さんの値上げは、どうやら全国一斉に行われるようですから、山政以外の通販に携わるお会社の送料も10月以降にはなんらかの変動があるのではないかと、山政通販一同は勘ぐって観察する所存です。

10月から消費税が10%になりますが、山政で販売するお品物の大部分は軽減税率が適用されて8%のまま。
そのため、10%増税についてはまるっきり「川向こうの火事」または「台風一過」状態の心理で他人事のように感じていた愚かな山政通販スタッフたちでしたが、まさか送料値上げの通告を受けるとは夢にも思っておりませんでした。

そういうコトで、今年はいろんな面で値上げの秋となりそうなのでございます。

本日、オススメの一品は、コレも送料値上げのため価格が変わってしまうかもしれない、



コチラ → 炭火焼本鮪あぶりトロ


甘えっ子”ぶんぴん”の日記
山政ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ボクは弊ブログの管理人さんちに住んでいる、シナモン文鳥の”ぶんぴん”だよ。



昨日も、ボクは飼い主さんとボクの別荘の前で壮絶なバトルを繰り広げたんだよ。
ボクがいつものようにせっせとティッシュペーパーを引っ張り出しては、別荘の中に運び込んでいたんだけど、
その光景を見た飼い主さんが、いきなり阻止行動にでたんだよ。



せっかくボクが引っ張り込んだティッシュを悉く引きずり出そうとしたから、ボクは飼い主さんと激しい争奪戦を繰り広げたんだよ。



でも、やっぱり飼い主さんの方が体格が格段にでっかいからね。
ボクはまったく相手にされず、ボクの夢の部屋建設の野望は雲散霧消しちゃったんだよ。



まあ、ボクも疲れて眠くなってくると、そんなコト、すっかり忘れちゃって、飼い主さんの手の中にスッポリ収まって寝ちゃうんだけどね。

本日オススメの一品は、夏に美味しく食べたい



コチラ → 青しそ風味たれ付キハダ鮪あぶり、甘口キハダ鮪づけ


静岡市呉服町名店街夜店市に行って来ました。
えー、一昨日の弊ブログにて、チャイナドレスのスリットから見え隠れする麗人のおみ足の如くチラリとお話いたしましたが、弊ブログの管理人は、静岡市の繁華街、呉服町名店街の夜店市を探索して参りました。
この催事は、毎年8月中旬の頃に3日間開かれます。
毎年この催事に出向いては、とっても暑い時期のさらに人いきれでムンムンする呉服町界隈をほっつき歩き、何か面白いモノや掘り出し物でもないかと、ボーッとしながら探し回るのでございます。

この催事、相当昔から開催しておりまして、弊ブログの管理人が、まだ萎れる前の意気軒昂たる赤ら顔のスリムな美青年だった頃からすでに存在しておりました。
当時から比べて少し変わった所と言えば、食べ物屋さんの屋台を出すお店が異常に増えたと言うコトでございましょうか?

昔は、各商店秘蔵の在庫品などをとびっきりお安い価格で一挙に放出していたモノでしたが、最近は、焼きそばやらフランクフルトやらイカ焼きやら、まあそのようなモノを販売する屋台ばっかりになってきたような気がいたしますね。

この夜店市、地方都市である静岡市にしてはかなり混雑いたします。
開催時には、当然歩行者天国にはなるのですが、それでも金曜夜の渋谷のスクランブル交差点並に人々が押し合いへし合いの状態になります。おそらくは静岡市近隣の皆様も大挙して参集されているのではないかと思われますね。





各お店の売り出しだけではなくて、ステージも設けられてミニコンサートなどもやっているんですけどね。

しかし、まあ、善良なる市民の方々は、この暑いのによくまあ戸外でビール等を飲みからあげやフランクフルトを食されるモノだなあ・・・とそのパワーに感心してしまいますね。

弊ブログの管理人は、めっきりと暑さ抵抗が衰えているので、一通り見て廻ったあとは、さっさと行きつけの居酒屋に入り、涼みながら黒はんぺんフライとビールを堪能したと言う次第でございました。

注:弊ブログの管理人は、呉服町名店街の方々とは利益を共受する関係ではございませんので悪しからず。

本日、オススメの一品は、ビールのおつまみだったら、コレも美味しい、



コチラ → 鮪角煮


お中元も帰省土産もとっくに終わってしまいましたが。
今週の天気予報は雨の日が続き、先週までの酷暑がやや緩和されるというまことに一息つけるような嬉しい予報。
そして、お中元商戦は遙か彼方の忘却の記憶に包まれ、帰省土産商戦ももはや誰も居なくなった海水浴場のごとき静寂さに満たされております。

しかしながら、なんとしても&ムリヤリにでも&捏造してでも&でっちあげてでも、売り上げ倍増!販売亢進!のお題目を唱える昨今の企業活動においては、まだ
 「残暑お見舞い商戦」
なるイベントがある!
と言い切っても良いのではないかと拝察申し上げます。

・・・と、まあ、非常に苦しい言い訳をぶち上げる本日の弊ブログではございますが・・・・

残暑見舞いというお熨斗を付けて、お世話になった方にお送りする山政の美味しいモノは何が良いのか?

と言うと、やっぱり一番に来るのは、炭火焼かつおたたき・・・なのだろうと容易に誰もが考えてしまうワケでございますが、山政の炭火焼かつおたたきはここのところ連日の如く弊ブログにてお話しているコトもあって、賢明&ご奇特な読者様にとりましてはいささか食傷気味なのではないかと推察いたしまして、本日は、
 「暑さに負けない!貝のスタミナセット」
を強く推奨したいと存じます。



暑さに負けない!貝のスタミナセット には、山椒入りしじみ旨煮が入っておりまして、昔からしじみは様々な栄養分に富んでいると言うお話もありまして、中々この時期にはよろしいのではないかと思われますね。
ましてや、暑さに負けない!貝のスタミナセットの炊き上げは、いずれも唐辛子または山椒を加えてありますから、味覚的にはピリリとした爽やかな辛さがちょっぴりと食欲を刺激し、コレもまた中々良いのではないかと思われるワケでございます。

と言うコトで、本日オススメの一品は、は非常にベタ&苦しい言い訳に終始してしまい、まことにお恥ずかしいのではございますが、



コチラ → 暑さに負けない!貝のスタミナセットA


残暑厳しい時には、黒はんぺんとビール!
皆様、おはようございます。
お盆休みが終わって、8月も、もう後半に入るとなにやら急激に夏の終わりを予兆させますが、
実際は、まだまだセミがイヤと言うほど鳴きまくり、気温は相変わらず30数度という炎熱状態。
コレでは、まったく夏が終わりそうにありませんね。

弊ブログの管理人は、毎年、静岡繁華街の夏の夜店市に出かけておりまして、弊ブログにてもその報告を書かせていただいております。今年も、もちろん出かけてまいりました。そしてコレもベタな展開というか定番化しているのでございますが、夜店市を一通り堪能した後には、行きつけの居酒屋で、
焼津名物黒はんぺんのフライをつまみに、生ビールをゴキュゴキュと痛飲・・・
と言う、非常に罰当たりかつ誰もがうらやむ行為に及んでおります。


↑静岡に来たときにはぜひ居酒屋で黒はんぺんフライを注文しましょう。全国チェーン店ではなく地場の居酒屋でないとメニューにありません。

さてさて、ホントに焼津名物黒はんぺんと言う食べ物は、フライにするとビールにとっても良く合うモノだなあ・・・とつくづく感心せざるを得ない真夏の感想。

コレも、ホントに黒はんぺんと言う食べ物が存在しない地方に住んでいる皆様は、この真夏の楽しみを思う存分堪能できないなんて、なんて気の毒ななんだ!
と感じざるを得ないのでございます。

やっぱりですね、アツアツの黒はんぺんフライに、ソースをドボドボとかけてお口をアングリと開けて思いっきりかぶりつく!・・・そしてビールをゴクゴク!
コレは、どんな高級食材を食べても味わうコトが出来ない至極の喜び・・・

おっと、あんまり口を極めて黒はんぺんのコトを讃えてしまいますと、弊ブログの全国10,000,000人の読者様から大挙してご注文が殺到してしまい、並み居る山政スタッフたちが目を回してしまいかねませんから、この辺でお開きとさせていただきます。

本日、オススメの一品は、とーぜん



コチラ → 焼津名物 黒はんぺん

甘えっ子”ぶんぴん”の日記
山政ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ボクは、弊ブログの管理人さんちに住んでいるシナモン文鳥の”ぶんぴん”だよ。



お盆休みの1週間が終わって、今日からまたお仕事だね。皆さん、週初めだからあんまりエンジンがかからないと思うけど、頑張ってくださいね。

山政も先週は水曜日と木曜日がお休み。んでもって金曜日出勤して土日がお休み。
ボクの飼い主さんは、基本的にお盆休みの混雑を嫌ってこの時期はいつもエアコンをビンビンにかけて在宅しているんだよ。



そのおかげで、ボクは鳥かごからたっぷり出して貰って、遊び放題に遊んでいたんだよ。

尤も、ボクの遊びって、パソコンデスク上の”別荘”の補修とティッシュペーパーの運搬と、別荘の中から飼い主さんの姿をジッと見つめて、
「嗚呼、早く入って来てくれないかなあ・・・」
って期待に胸をときめかしているコトだったんだけどね。



あーあ、飼い主さん、今日もボクの別荘に入って来てくれなかったなあ。




本日オススメの一品は、文鳥サイズの家の中に人間が入るのは絶対にムリ・・・と言うコトが、一向に理解出来ない”ぶんぴん”推薦の、



コチラ → あさりやわらか煮3袋セット

ファイトォ~、イッパァ~ッツ!
皆様、おはようございます。
気になっていた台風がとうとう西日本に上陸してしまって、焼津でもどよよーんと重く垂れ込めた雨雲から時折バラバラと雨が落ちてきてなおかつ生ぬるい強風が吹き荒れております。
斯様な天候が昨日から続いている、よりにもよって非常に大事なお盆休み。
まあ、一般的な日本国民の皆様は長期のお盆休みでも、山政スタッフたちは一昨日と昨日の「2日だけ」お休みをいただいて、またもや本日は出勤。
しかし、たった2日のお休みでも、なにやら頭の中が休みボケしてしまい思いっきり後頭部をバットでぶっ叩かれないと正気に戻りそうもない山政スタッフ一同なのでございます。

さて、斯様な状態のところに持ってきて、焼津荒祭りも終わってしまい、益々抜け殻状態になってしまうのもやっぱり少々ヤバイ。しかも、ココで夏の暑さがさらに追い打ちをかけて否が応でも山政スタッフたちの体力と気力を奪いかねません。
そこで、元気回復!体力モリモリ!ついでに気力&精力も一気にパワーアップ!
・・・などと、なにやらBS放送のCMに出てくる文言のように怪しげな雰囲気になってしまうのでございますが・・・

夏バテ対策にやはり、山政でオススメしたいのは、とーーーーぜん、



炭火焼かつおたたき

なんと、鰹の栄養成分にはタウリンもけっこう含まれているようなので、
「ファイトォ~、イッパァ~ッツ」
のかけ声でお馴染みの某滋養強壮剤のドリンクのようにとにかく、疲れた時にかつおたたきを食されるのは中々良いコトなのではないかと思われますね。
(注:ちなみに・・・よく「タウリン1000mgとか2000mg配合」とか、そのようなキャッチコピーを耳にしたり目にしたりいたしますが、mgは1000分の1gなので、結局のところ1gまたは2gが入っていますよ~ってコトなんですね。何か1000とか2000とかそのような数字で言われてしまうといかにもたくさん入っていると言う感覚になってしまいます。悪しからず。)

鰹にはその他にも鉄分やビタミンB12も豊富だそうです。多分、その分血の気が多いお魚というコトになるんでしょうけど、山政の炭火焼かつおたたきは炭火のとっても香ばしい香りがして生臭さが感じられないコトが最も美味しいと言われている所以なのでございます。

本日、オススメの一品は、またまた



コチラ → 炭火焼かつおたたき

PAGETOP