焼津 やままさ 安心と、また食べたい味づくり

お問合せは054-626-1001 静岡県焼津市東小川2丁目4-14
スタッフブログ
HOME会社概要NEWSお料理帖


CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<BACK 2020.07 NEXT>>

ARCHIVES


静岡市呉服町名店街夜店市に行って来ました。
えー、一昨日の弊ブログにて、チャイナドレスのスリットから見え隠れする麗人のおみ足の如くチラリとお話いたしましたが、弊ブログの管理人は、静岡市の繁華街、呉服町名店街の夜店市を探索して参りました。
この催事は、毎年8月中旬の頃に3日間開かれます。
毎年この催事に出向いては、とっても暑い時期のさらに人いきれでムンムンする呉服町界隈をほっつき歩き、何か面白いモノや掘り出し物でもないかと、ボーッとしながら探し回るのでございます。

この催事、相当昔から開催しておりまして、弊ブログの管理人が、まだ萎れる前の意気軒昂たる赤ら顔のスリムな美青年だった頃からすでに存在しておりました。
当時から比べて少し変わった所と言えば、食べ物屋さんの屋台を出すお店が異常に増えたと言うコトでございましょうか?

昔は、各商店秘蔵の在庫品などをとびっきりお安い価格で一挙に放出していたモノでしたが、最近は、焼きそばやらフランクフルトやらイカ焼きやら、まあそのようなモノを販売する屋台ばっかりになってきたような気がいたしますね。

この夜店市、地方都市である静岡市にしてはかなり混雑いたします。
開催時には、当然歩行者天国にはなるのですが、それでも金曜夜の渋谷のスクランブル交差点並に人々が押し合いへし合いの状態になります。おそらくは静岡市近隣の皆様も大挙して参集されているのではないかと思われますね。





各お店の売り出しだけではなくて、ステージも設けられてミニコンサートなどもやっているんですけどね。

しかし、まあ、善良なる市民の方々は、この暑いのによくまあ戸外でビール等を飲みからあげやフランクフルトを食されるモノだなあ・・・とそのパワーに感心してしまいますね。

弊ブログの管理人は、めっきりと暑さ抵抗が衰えているので、一通り見て廻ったあとは、さっさと行きつけの居酒屋に入り、涼みながら黒はんぺんフライとビールを堪能したと言う次第でございました。

注:弊ブログの管理人は、呉服町名店街の方々とは利益を共受する関係ではございませんので悪しからず。

本日、オススメの一品は、ビールのおつまみだったら、コレも美味しい、



コチラ → 鮪角煮


| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2732 | 09:00 AM | comments (x) |

PAGETOP