焼津 やままさ 安心と、また食べたい味づくり

お問合せは054-626-1001 静岡県焼津市東小川2丁目4-14
商品のご案内
HOME会社概要NEWSお料理帖




人気商品

佃煮

炭火焼

山政自慢の炭火焼かつおたたき

炭火焼本舗あぶりトロ

だしまかせ

だししょうゆ

かつおぶし

鮪づけ丼

駿河湾の幸

山政の甘味処



先日、泊まった旅館で出た、まぐろの角煮
えー、世の中ではお隣の国からやってきた恐い伝染病のお話でもちきりでございますが、斯様な状況に陥ってしまうと、疑心暗鬼に駆られてもうどこにも行けなくなってしまうのが人情でございます。
そのような風潮の中、弊ブログの管理人は静岡県内のとーっても山奥の鄙びた温泉に泊まりに行ってまいりました。
本当は、もっと著名な観光地に行きたかったのですが、現在の状況では滅法気の弱い管理人にはとてもじゃないですが、行く勇気が湧いてまいりません。
で、ココなら多分大丈夫ではなかろーかと言う山奥の温泉に行って来たのでございます。

さてその温泉宿は、静岡県内のために自家用車でも比較的短時間で着いてしまうため、旅情というか「旅に出たなあ・・・」という観光客気分がまったく味わえません。
要は、どこか近場のあまり混雑しない場所で、ゆっくりと温泉とお料理を楽しもう・・・と言うお気楽な過ごし方をしてしまったワケでございます。

さて、宿泊当日は、午後は早めにチェックインして早々に温泉三昧。
待望の夕食もイノシシ鍋やらヤマメの塩焼きやら蕗の薹の天ぷらやら山の幸を堪能してすっかり満足して就寝。
朝もゆっくりとお風呂に入って、朝食に臨みました。

朝食のおかずに、いわゆる箸休めとして一片のまぐろの角煮が小皿に載せられておりました。
多分、この宿の自家製ではなく、どこかのメーカー製造の角煮を出したモノと思われます。
もちろん山政の製品ではなく、多分山政の営業は斯様な山奥まで車を走らせて営業に来るコトはないのでございますが・・・

で、弊ブログの管理人は、誠に感心なコトに職業柄、
「この角煮の味を確かめてみよう」
と言う好奇心がビンビンの120%の状態で、思いっきりガブリ!
すると・・・
「×△■○●?αβ□◇・・・」
としばしの混乱と沈黙。

しばらくして、「うーーーーん、やっぱり山政の製造する角煮の方が、ずっーーーと旨いなあ」
と言う心からの決して贔屓ではなくホントにそう思った言葉が出てきてしまったのでございました。

と言うコトで、本日オススメの一品は、全国水産加工業協同組合連合会会長賞を受賞した、とっても美味しい



コチラ ⇒ まぐろ赤ワイン煮


山政は水産加工品の総合メーカーです。
山政が製造する、とっても美味しい、「だしまかせ」や「佃煮」や「炊き上げ」や「炭火焼かつおたたき」や「けずり節」の中で、皆様どの製品がお好きでしょうか?
一口に、「水産加工品」と言っても、海の中にイカやらタコやら鮪やら鱸やら、いろんなお魚が泳いでいるように、海の中の生物を捕まえて食用として加工された製品もまた多種多様にございますね。



山政が作るとっても美味しいモノは、その中のホンの一部に過ぎません。

山政が製造するモノの内で、最も皆様に馴染みがございますのは、おそらく「だしまかせ」ではないかと思われます。その他には、やはり「炭火焼かつおたたき」でございましょうか。

ところが、だしまかせと炭火焼かつおたたきとでは製造方法、製造工程がまったく異なります。
また他に、けずり節と「鮪角煮小判」を比べても、これまた全然違う製造方法と工程が存在します。

一つのメーカーの中で、水産加工品というジャンルの中でもまったく異なる方法と工程でまったく異なる製品を製造しているコトになるのでございます。

まさしく、山政は水産加工品の総合メーカーと言えるでしょう。
遠洋漁業で獲った鰹の水揚げが日本で一、二位を争う焼津港がある焼津市には山政の他にも水産加工品を製造する大小のメーカーさんはたくさん存在いたしますが、その中には「けずり節」や「佃煮」だけに特化したメーカーも多々存在します。
山政のように、「欲張ってアレもコレも作っているよ~」というメーカーの方が少ないかもしれませんね。

まあ、しかし、水産加工品をいろんなカテゴリーに手を出して製造している山政のようなメーカーの方が、通信販売にてお客様にいろんな製品を提供するコトが出来ますから、消費者側から見てみればその方がいろいろと選ぶ楽しみが増えてよろしいのではないでしょうか?

本日、オススメの一品は、炭火焼かつおたたきと鮪づけが味わえる、



コチラ ⇒ 冷凍かつおたたき、キハダ鮪・びん長鮪づけ詰合せ


甘えっ子”ぶんぴん”の日記
山政ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ボクは、弊ブログの管理人さんちに住んでいる、シナモン文鳥の”ぶんぴん”だよ。



ボクはすっごい我が儘で甘えっ子なんだけど、皆さんにはこのブログでボクが如何に甘えっ子であるのか?
その説明をしたり証拠を提示していなかったよね。



だから、飼い主さんがボクの甘えっ子ぶりを画像で証拠立てしようと、今回もまたまたボクが手の中に包まれてウットリする画像を載せたんだよ。



ボクは首筋が凝ると、飼い主さんにフラチにもマッサージを強要するんだよ。
好きなだけ首筋をさすってもらって、満足すると今度は手の中で居眠りを始めるんだ。



飼い主さんは、ボクをマッサージしたりボクが眠っているときには極力手を動かさないようにジッとしているから、すっごく疲れるんだって。
こんなボクの面倒を見るのは大変なハズなのに、なんでボクって飼い主さんの癒やしになっているんだろうねえ。


本日、オススメの一品は、山政の売れ筋炊き上げの、



コチラ ⇒ やわらか炊き上げトップ3セット


朗報!山政工場直売店にて感謝セール!
えー、本日は山政ブログ及び山政ホームページをご覧いただいている方だけに、こっそりと教えてさしあげる朗報がございます。

実は、来る2月28日(金)と29日(土)の2日間で、
山政本社工場直売店と山政焼津駅前店の2店舗にて、早春の感謝セールを大々的に開催するコトとなりました。
まあ、大方のところお店のセールと言うモノは、必ず「先着○名様に○○をプレゼント」とか「通常価格○○円を特価○○円」等と言う内容に自ずとなってしまうモノでございまして、山政が目下画策しているセール内容もそうしたモノと大差ございません。

しかしながら、購入される側にとりましては、やはり普段購入しているモノよりもお値段が安くなっていると、当然「トクしたぁ」感が感じられて、ひとときは心が幸福感に満ちているのでございます。
人間、機嫌が良いときには周囲の人間にも優しく寛大に接する性癖があるので、家族円満・厚い友情・優しい上司等々、とりわけよりよい人間関係が築けるワケですね。

何はともあれ、普段山政が製造販売しているとっても美味しい佃煮、炊き上げ、けずり節などがたったの2日間限定の特別価格で販売いたしますので、近隣にお住いでお暇な方はぜひぜひ・・・いえいえ、遠方にお住いでご多忙な方もぜひぜひおいでになってみてはいかがでしょうか?

なお、工場直売店と焼津駅前店は営業時間が異なりますのでご注意を。
2店舗の詳細は コチラ ↓

山政工場直売店 営業時間8:30~16:30
          電話054-626-8333
          住所 焼津市東小川2丁目4-14(焼津水産高校さんと道を隔てて向かい側)





山政焼津駅前店 営業時間9:15~17:45
          電話054-628-0053
          住所 焼津市栄町1-5-17(JR焼津駅南口正面)





以上でございます。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。





暖かくなってくると食べたくなってくる、かつおたたき
えー、本日はお題のとおり、山政のとっても美味しい”炭火焼かつおたたき”のお話でございますが、
山政が作る炭火焼かつおたたきは、何も暖かくなってくると食べたくなるモノではなくて、
一年中常に食べたいモノだと考えられますので誤解無きようお願いいたします。

では、山政のかつおたたきは実際に一年を通してまんべんなく売れているのに、なぜ、わざわざ「暖かくなってくると」等と言う言葉を付けたのか?
それは、やはり初鰹という昔からの日本の食習慣?から来る日本人の季節感に忖度して付けたからなのでございます。



江戸時代には赤道付近まで漁船が出向いて行って鰹を捕獲してさらにカチンコチンに凍らせて鮮度抜群のまま帰ってくる・・・なんていう芸当は出来なかったので、春から初夏にかけて太平洋岸を黒潮に乗って北上してくるかつおを捕獲するしか、かつおを入手する方法がなく、さらには捕獲したらすぐに血抜きをして腐敗を防ぐと言うコトもしなければ新鮮さは保てませんでした。
なので、おそらくは江戸時代の庶民にとって、かつおのお値段はかなーり高価なモノであったのではなかろうかと推察申し上げます。
しかし、大枚をはたいてもやっぱりかつおを食べたい!と言う日本人も多かったのでないでしょうか。

時代が変わって、今やかつおだけではなく、野菜や果物までいろんな食物が季節を問わず栽培されて、その価格も安価で気軽に入手するコトが出来ます。
でも、昔からの食習慣というモノはまだまだ根付いているんですよね。
その証左として、山政通販での炭火焼かつおたたきの売れ行きは、やはり4月から5月が一年の内で最高の売り上げを記録いたします。

今年もそろそろ暖かくなってきて、3月ももう目の前。
暖かくなってくると無性に炭火焼かつおたたきを食べたくなってくる、かつおたたきフリークの皆様もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか・

本日、オススメの一品は、当然



コチラ ⇒ 炭火焼かつおたたき


西洋風?炊き上げ4種類
2月13日の弊ブログにてお話しした、むかーしむかしに存在した山政の「西洋旬味炊き」。
古くから続いていたニッポンの佃煮の伝統を根底から打ち破り、ワインやバルサミコやバジル等を加えて炊き上げた、浅炊きの薄味の炊き上げでございます。
この「西洋旬味炊き」のシリーズは時流に乗らなかったと言うか、リリースするにはやや早すぎた感があって、数年で終売となってしまいましたが、
現在のように、薄味が好まれ健康上でも減塩・減煙・禁煙・減量等々、なんでも減らしたり禁止したりするような世の中になってきて、人気が出てくるのではないかと?とノーテンキな山政スタッフたちは獲らぬ狸の皮算用を目論んで、再び、西洋風の炊き上げをリリースしたワケでございます。

そのような西洋風の炊き上げは、現在

まぐろ赤ワイン煮(第30回全国水産加工品総合品質審査会 連合会長賞受賞)



まぐろオリーブオイル煮
まぐろバジルオイル煮
あさりガーリックオイル煮



の4種類が堂々リリースされております。

ホントは、このシリーズ、もっともっと種類を増やして贈答用の詰合せ品を作りたい!と密かに考えている山政通販スタッフたちでございますが、やはりいろんなモノをたくさん製造すると製造現場がまたいろいろと大変になってしまうので、中々そのバランスをとるのが難しくなってしまいます。

しかしながら、今後は「佃煮」の持つイメージや、その味については若年の方々にも大いに喜んで受け入れていただけるような新しい味の創作をしていかなければ、せっかく昔から続いているニッポンの佃煮という食品の良さも伝統も失われていってしまいますね。

山政としては今後も西洋風?の炊き上げを若い人にたーくさん食べていただくよう微力を振り絞って頑張って行きたいと考えております。

本日、オススメの一品は、最近話題の賞を受賞したとっても美味しい、



コチラ ⇒ まぐろ赤ワイン煮


今年は引きこもりが増えてしまうのでしょうか?
皆様、おはようございます。
今冬は暖冬ですが、本日は久しぶりにキリリと冷え込んだ焼津。
太平洋側の真冬の澄み切った冬空がまた美しいです。

さて、今非常に話題になっている、例の感染症。
日本国内でボツボツと感染された方々が出始めて、皆様に大きな不安感が出始めているのではないでしょうか?
心配されるのは、人がたくさん集まる所に出ない、と言う方々急激に増えてくると、経済活動が著しく滞ると言うコト。
もちろん、経済活動よりも自分の生命の方が大切ですから、わざわざ危険が高まるところに行ったりするのは愚の骨頂でございます。

となると、観光業やら飲食業やら商店街やらいろんなところで売り上げが大幅にダウンしてしまうのではないでしょうか?
しかしながら、これらの業界業種とは別に、通信販売業界、特に食品関連の通販業界は利用者様が増加するのではないかと勝手に山政通販スタッフたちは推測しております。

家に籠もって外に出なければ確かに安全ではありますが、生活雑貨や食料品は手に入れられません。でもヘタに人混みの中に出ていけば・・・と言うような心配があった際には、やはり通販にてそのようなモノを手に入れるのが最良の方法かもしれません。

今後しばらくの間はなるべく外出をしない・・・と言う方が増えてきて、通信販売を利用してお買い物をされると言う方も増えてくるのではないかと思われますね。

一刻も早く、この問題が解決して気軽に外出が出来るような環境になるコトを願ってやまない山政通販スタッフたちでございます。

本日、オススメの一品は、引きこもってお食事を作る際にはとっても便利な、



コチラ ⇒ 万能だししょうゆ


甘えっ子”ぶんぴん”の日記
山政ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ボクは、弊ブログの管理人さんちに住んでいる、シナモン文鳥の”ぶんぴん”だよ。



飼い主さんはボクに
「ぶんぴんは、とーっても可愛いねえ~」
等とボクが飼い主さんの手の中に入ってヌクヌクしている時に話しかけたりするんだけど・・・



人間から見てどうやらボクの姿はとーっても可愛く見えるらしいんだよね。
だけど、ボクはこう見えても、もう6歳と5ヶ月なんだ。
人間の年齢で言えば、50歳から60歳くらいかなあ・・・



良いトシをしたオヤジなんだよ。
そんなオヤジ臭がただようボクを「可愛い」だなんて・・・



やっぱり、飼い主さんはおかしいよ~

本日オススメの一品は、オヤジになってもやっぱり可愛い”ぶんぴん”推薦の、



コチラ ⇒ やわらか炊き上げトップ3セット


送料無料は、ホントの無料ではなく
えー、インターネットが日本の隅々まで普及した昨今では、ネット通販が隆盛し、コレまた全国くまなくネットでお買い物をした商品がお届けされると言うお馴染みの現象が起こっておりますね。
で、そのお届けをするときの運賃=送料となると、コレはお客様が負担されるのか?はたまた販売者側が負担するのか?・・・と言うコトで、いろいろと調整が行われておりますね。

まあ、よくあるパターンとして、山政通販のように、1箇所送りで税込5,400円以上のお買い上げの場合には、送料は山政が負担いたします・・・と言うようなモノ。
送料を販売する側が負担するのは、各社それぞれ千差万別の基準や社内事情があってそのボーダーラインが異なります。

ただ、唯一ハッキリしているコトは、商品を運ぶと言うコトは自社で行うにしろ専門業者さんにお任せするにしろ、費用がかかる・・・と言うコトでございます。
なので、その費用をお客様に負担していただくか、販売者が負担するかで、お客様が販売者に支払う対価が変わってまいりますね。

で、通販での運賃の表現としては、「税込5,400円以上は送料無料」と謳ってしまうと、なにやらホントの運送会社さんがタダで運んでくれるようなそんな錯覚が生じてしまいそうでございます。
しかしながら、やっぱり世の中そんなに甘くはなく、甘いのはノーテンキな山政スタッフたちの頭の中だけという冷たい現実が存在しているワケでございまして・・・

まあ、あんまり誤解を招くような表現はやめて、税込5,400円以上は送料は山政が負担させていただきますよ~と言う表現にした方がお客様にとってはよりご理解いただけるのではないかと思われ、実は近年になって、
「送料無料」という表現を「当社負担」というようなカタチに変えたのでございました。

本日、オススメの一品は、コレはもう初めから送料は山政が負担させていただいている



コチラ ⇒ だしまかせ10袋セット


昔日にあった!「西洋旬味炊き」
昔昔のその昔・・・などと言うと、ものすごーい大昔みたいな印象になってしまいますが、
もうかれこれ10年以上前、山政では「西洋旬味炊き」という、中々特殊かつオシャレっぽい炊き上げを製造・販売しておりました。

正式の名称は、
「西洋風佃煮 西洋旬味炊き」
商品説明は
「芳醇な香りで素材をやわらかく仕上げる赤ワインや白ワイン。隠し味として素材のくどさを抑えてスッキリ仕上げるバルサミコ酢。高貴な香りで素材をさわやかに引き立てるバジルなど日本の佃煮の伝統製法をベースに西洋風味を合わせ、丹精込めて炊き上げました」
商品の内容は、
「うなぎ赤ワイン炊き」「まぐろ赤ワイン炊き」「いわしバルサミコ炊き」「黒まめ白ワイン炊き」「牛しめじ白ワイン炊き」「あさりバジル炊き」
と言う6種類でございます。



2006年の山政通販の保存版カタログにこの西洋旬味炊きが「新発売」として掲載されております。
しかしながら、この製品は、山政の華々しい佃煮製造の歴史の片隅に咲いた一輪の小さな花のようにいつしかひっそりと廃版品となってしまいました。
当時の佃煮の市場から見ると、あまり需用というか人気がなかったのでございましょうか?

佃煮というと、やっぱり昔からの伝統に則って、お醤油ベースのタレでやや味を濃くしたモノが当時では相変わらず支持されていたのかもしれませんね。

今や、味の濃い佃煮はやや敬遠されがち。味が濃ければ、佃煮そのものをダイレクトにご飯のおかずとして召し上がるのではなく雑炊や炊き込みご飯などのお料理の具材として活用してくだされば、ホントに美味しく召し上がれるのでございますが、やはりそのような食べ方というのは中々山政が声を涸らして叫んでも、ニッポンの広大な市場には中々届かないのが現実なのでございます。

この西洋旬味炊き、今の時代に販売していたならば、案外若い方々に受けてヒット商品となるかも知れないという、まさしく「たら」「れば」の甘い空想に耽っている山政通販スタッフ一堂なのでございます。

本日、オススメの一品は、現在の「西洋旬味炊き」とも言える



コチラ ⇒ まぐろオリーブオイル煮


PAGETOP