焼津 やままさ 安心と、また食べたい味づくり

お問合せは054-626-1001 静岡県焼津市東小川2丁目4-14
スタッフブログ
HOME会社概要NEWSお料理帖


CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<BACK 2020.07 NEXT>>

ARCHIVES


宮内庁への納品。山政スタッフの手記
皆様、こんにちは。
本文の前に下記のお知らせにまず目をお通し願います。


山政が運営するインターネット通販サイトにてお買い物をいただく場合、本年10月1日発送分より、送料の変更をさせていただきます。下記の通りとなります。

●変更後の送料
1箇所送品で税込5,400円未満ご購入の場合、全国一律で税込800円。※この送料の適用は山政が運営するインターネット通販サイト上でお買い物いただいた場合に限ります。
ただし、1箇所送品で税込5,400円以上ご購入の場合、全国一律で送料無料。(送料は弊社が負担)

●冷蔵・冷凍品の一部に個別送料を設定させていただきます。
税込5,400円以上の定番の冷蔵・冷凍品を中心に、別途に個別送料を設定させていただきます。税込5,400円以上のお品物でも個別送料が付いたままでご購入いただく形になります。

●軽減税率適用品について
弊社製品のほとんどに軽減税率が適用され増税対象とはなりませんが、鰹節削り器と、鰹節と削り器のセット品は10%の税率が適用されます。

●送料変更と税率変更の時期
本年9月26日以降に実施させていただきます。(実施後にいただいたご注文分は10月1日以降の出荷とさせていただきます。
)」


昨日に弊ブログにてお話いたしました、ぴあMOOKの「皇室ゆかりの地を歩く」に弊社が掲載されたコトにちなみまして、

昭和53年7月に山政の社内報に掲載された山政スタッフの手記をご紹介いたします。
手記の内容は、初めて宮内庁へ鰹節の納品に行った体験と感想が綴られております。

宮内庁御用達 私の初体験

あの広大な宮城の広場よりただ一台、”山政・けずりたて・宮内庁御用達”と書いた車が坂下門へと向かって走っていた。
それが私です。
何か感激と言うか、不安(この中を通っているのが)と言うか、言葉では言い表せない雄大な気持ちで通りました。
坂下門には門衛が七人居り、検問の後、車のプレートを受け取り、そして御紋章のバッジを胸につけ門を通り抜けた。宮内庁迄行く道の周りや両側の草木は実に良く手入れされ、人の心を落ち着かせると言う感じを受けました。
庁内に入ると、建物は旧式で、机、椅子も木製で古いと言うか昔ながらの日本を思い出しました。中は静かで雑音一つ聞えません。都内の騒々しさは嘘のようです。
御用達はすべて大膳課という事務所で扱っています。ここで書類とお品物のチェックを受けました。
坂下門まで戻ってプレートと御紋章を返し帰ろうとしたら、一斉に敬礼して送ってくれたのにはびっくりしました。広場を悠然と走り出し、また混雑している都内の道路へ出戻ると何か割り切れない気持ちでした。
山政が在って、鰹節が在って、そのため私は生まれて初めて宮城に入れたんだなあと思いながら帰って来ました。観光では無しに、ただ一人皇居内に入り御用達をした体験をした事は私の人生の一頁にいつまでも残ることと思います。
会社(山政)の皆さん、山政の商品は宮内庁に納めていると言う事を強く自覚し誇りに思って、製造、販売に一所懸命やっていきましょう。



・・・と、まあこのような内容でございます。


↑ 宮内庁へ納めた鰹節の再現画像

現在では宮内庁への納品はしておりませんが、このような時代がありまた、このような体験をしたスタッフが過去にいたと言うコトでなにか非常に貴重なモノがあるような気がいたしますね。

本日、オススメの一品は、山政の美味しい鰹本枯節を削って作った



コチラ → 特選けずりたて2.5g×10


| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2756 | 08:36 AM | comments (x) |

PAGETOP