焼津 やままさ 安心と、また食べたい味づくり

お問合せは054-626-1001 静岡県焼津市東小川2丁目4-14
スタッフブログ
HOME会社概要NEWSお料理帖


CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<BACK 2019.08 NEXT>>

ARCHIVES


冷凍品に添付されているわさびとしょうがの廃止について
昨日に山政ホームページのニュースページとお買い物サイトのTOPに記載いたしましたが、
6月上旬出荷分より、定番の冷凍品産直品に添付されている袋入りのねりわさびとおろししょうがを廃止するコトといたしました。

該当製品は下記の通りです。

★袋入りねりわさび廃止
●鮪づけ
 ・MZ-45N ・MZ-50N ・MZ-80N ・MZ-38
●本鮪あぶりトロ
 ・HAT-50 (注 本わさびを添付しているHAT-100は対象外です)

★袋入りねりわさび及びおろししょうが廃止
●かつおたたき、本鮪あぶりトロ詰合せ
 ・HAF-50 

廃止の理由としては、皆様は真っ先に「原価の削減=企業利益の増加」というコトを思い浮かべるのではないかと拝察いたしますが、実はそうではなくて、実に単純明快な理由として、製品の輸送用ダンボール箱に貼付する表示シールを貼る場所が無くなってしまう恐れがあるから・・・と言うコトでございます。

中々説明し辛いのですが、
食品メーカが製造する食品のパッケージには必ず、その内容を詳細に記した表示を添付しなければなりません。表示はパッケージに印刷してもシール形態にして貼り付けてもOKです。
山政の場合には、原則として冷凍品にはシール形式を採用しております。
このたび、表示に関する法律が改正され、施行までの猶予期間があるにせよ、製品を構成しているモノの原材料を非常に詳細に記載するコトになりました。
そうすると、袋入りねりわさびやおろししょうがの製造に使われている原材料名を消費者が目視で確認できる文字の大きさで記載していくととんでもなく面積をとってしまうコトになりまして、
箱に貼る場所が無くなってしまうのでございます。
まあ、コレが最大の理由でございますね。

ねりわさびやおろししょうがが添付されなくなっても、今やどこのご家庭でも冷蔵庫の中にチューブ入りのわさびやカラシやしょうがが入っているのは火を見るよりも明らかでございますから、それほどお客様にとって影響は生じない・・・だろうとは考えております。

そういうワケで本日オススメの一品は、わさびの代わりにガーリック塩こしょうが添付されている



コチラ → ガーリック塩こしょう付まぐろたたき


| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2659 | 08:50 AM | comments (x) |

PAGETOP